レディ

離職率が低いネイリスト求人を見つけて長く働く

自分の分身だと考える

履歴書

基本的なデータを伝える

履歴書は、企業側にどんな学校を卒業して、どんな会社で働いてきたかなど、自分の基本的なデータを伝えるために利用する書類です。職務経歴書と違い、履歴書はフォーマットがあるので、誰でもスムーズに書くことができますが、気を付ける点があります。転職の場合、重視されるのは職務経歴書だと考えて、履歴書の記入をおろそかにしてしまう人もいます。しかし履歴書の用紙の選び方で、採用されるかが決まることもあるので、気は抜けません。店頭に並んでいる履歴書をよく見ると、フォーマットに違いがあります。一つ一つをよく見て、自分に有利になる用紙を選びます。職務経歴書に記入するからいいと、空欄が目立つ履歴書では、読んでもらえない可能性もあります。

仕事の取り組み方も分かる

自分が書きやすいフォーマットの用紙を選ぶことで、履歴書作りはスムーズに終わり、フォーマットがなく難しい職務経歴書に、時間をかけることができます。また、転職活動をする場合は、いつでもすぐに提出することができるように、何枚か記入した履歴書を事前に準備しておきます。履歴書は手書きなので、あわてて記入したものは雑になり、採用して欲しいという強い気持ちや、誠意が伝わりません。そのことによって、仕事への取り組み方も疑われてしまうので、事前の準備は大切です。履歴書や職務経歴書などの提出書類によって、ビジネスマナーや人格も企業側は見ます。そのため、これらの書類は自分の分身だと考えて、内容だけではなく、人間性も伝わるように仕上げます。